妊娠・出産・育児とOCD

95820
名前
件名
メールアドレス
画像
メッセージ
パスワード
プレビューする (投稿前に内容をプレビューして確認できます)

  

わざと嫌なことをすることと,やり過ごすこと

岡嶋美代  MAIL 2018/11/20 (Tue) 14:19:33

矛盾しているのでどう使い分けていいかわからないというメールをもらいました。

意図してエクスポージャーする=自分からどんどん(わざと)不愉快な自分を追い込むようなことをする(一つにとどめない)

「意図して」の逆の,ふとわいてきた考えに対しては,スルーしたり,流していきます。つまりやり過ごす。

意図してやる場合は,時間の余裕があるような暇で退屈なときにしてください。
ふと何かわいてきたときは,すぐにその場でスルーしたり,やり過ごすようなそこで追い込まなくてもいいので,放置するような対応してください。

と,答えています。

エクスポージャーはわざと嫌なことをするようなことですが,本当に大事なのは儀式妨害だと思っています。パニックになるのも,儀式妨害(考え続けることの妨害)ができていないから,どんどん考えが狭まっていき,そのときには呼吸が止まっていたり乱れるのだろうと思います。深呼吸は逆にパニックを引き起こしやすくなるので,腹式で長呼気法をしてください。ながーく息を吐くと,吸うは自動的に入っていきます。吸う方に意識すると過呼吸になりやすくなるのでご用心。

牧場体験

みーさん  2018/10/23 (Tue) 21:06:59

先日、家族みんなで牧場へ行ってきました。
ノリノリなのは動物好きな主人だけ。

不潔強迫の私には辛かった・・・。心の中では叫んでました。
匂いもそうだけど、あちこちにある牛のフン。
道中も乾いてぺしゃんこだけど、そうだよなっと思いながら歩いていました。
なんだか乗り気でなかった息子も最後は「うしさんみてくる~」と、放牧されてる牛の群れの中へ。
案の定、「ちょっとだけどウンチふんじゃった~」・・・ひきつってる自分がいました。

帰宅後、息子の靴が気になる私。裏をかえすとやっぱりついてました。靴の裏凸凹していて、入り込んでいました。
なんとか我慢してたけど、耐えられず、靴を洗ってしまいました。
あー洗っちゃったーと思いつつも、汚染された車はどうにもできず。車の中は洗うことはできないですからね・・・。
次に車を使うのが恐怖です。

それから主人の靴にもフンがくっついているよう。子供は替えがあるから洗ったけど、替えのない主人のは、
洗うことができず、しかもそのまま靴箱へ・・・。

しばらくこの観念はつきまとうだろうか。気が重い・・・。

Re: 牧場体験・・・その後

みーさん  2018/10/29 (Mon) 20:58:33

あれから1週間経ちました。旦那さんの靴はまだ洗っていません。今日、お風呂に入る前に靴の裏をそ~っと
見ると、フンがなくなっていました。靴を使っているうちに、落ちたのか。
でも、あれからずーっともんもんとしていて、玄関も汚れている気がして、とらわれています。

でも玄関洗ったり、靴箱拭いたりするのはおっくう。それに洗ったり拭いたりしても、今度はこっちが汚い、あっちが汚いと、次へ次へうつるんではないかと恐れ、行動できずにいます。

岡嶋先生をはじめ、皆さん、私はどうしたらいいのでしょうか?

パニック障害

山内加奈  MAIL 2018/10/29 (Mon) 20:00:05

岡嶋先生お久しぶりです。
名古屋メンタルクリニック以来です。
熊本から名古屋に先生との相性が合いまたよろしくお願いします。。久しぶり車の中でパニックで吐きそうになり手汗で腹式呼吸でなんとかなりましたがまだ不安が酷く辛いです。11月に名古屋予約したのでよろしくお願いします。

お久し振りです

みどり  2018/09/14 (Fri) 08:59:15

以前何度か、岡嶋先生のカウンセリングを受けさせていただいた者です。

おかげさまで、まだ手洗いがおおく、トイレも時間がかかりますし、生肉等の調理はできませんが、
家事と両立しながら 週に4回ほどパートの仕事ができるようになりました。

ところが、先日職場で食中毒が発生してしまいました。
わたしの最も怖れていたことです。
原因ははっきりしないので、ますます不安で、衛生面のちいさな不安を無視できずに症状がぶり返しています。

こんなときどうしたらよいでしょうか。

Re: お久し振りです

岡嶋美代  MAIL 2018/10/23 (Tue) 15:24:55

食中毒その後,どうですか。
直後は誰もが注目し警戒しますが,1か月もたつと,徐々にニュースは遠のいて,強迫的な人以外は,また元の手洗いに戻ったりします。
職場はいかがですか。監視の目がなくなる3か月後くらいは,もっと顕著に「のど元過ぎれば」という環境になります。その時になってもぶり返したままではいけませんので,避けずに近づくことに励んでみてください。

はるままさん、皆さんに励まされています

バイキンマン  2018/07/12 (Thu) 12:40:12

みなさんの記事を読ませて頂き、同じ悩みや、頑張っておられる記事を読みとても励まされています。
はるままさん、前向きな姿勢や、息子さんの記事を読ませて頂き見る度に涙が出ます。とても優しい息子さんですね、甘えさせていないといけないかもしれませんが、そんな風に言える息子さんは、お父さんの大きな姿やはるままさんの優しさをみているからそうな風な行動ができるのでしょうか、言葉に出来ない思いになります。

私の、経過をお話しさせていただきます。
専門職をしており清潔不潔を徹底指導していました。当時、主人と同棲していたのですが、仕事から帰るとまずシャワーを浴びるような習慣がついてきていました。ですか仕事が休みの日は気にならず、その後、長女を出産してからも、特に困る事もなく、子育てや仕事を楽しく余裕もあり両立出来ていました。2人目を出産するまでは自分が強迫だとは気づきもしませんでした。2人目出産前後に一番の心支えだった祖母の死、しかも感染症での死、長年勤めた会社の退職、引っ越し、下の子が病気になり一日中泣きっぱなしとなり、どこの小児科に行っても断られたりでなかなか治らず、両方の実家も遠方で頼れる所や、知り合いもなく、心が疲弊していきました。上の子は、赤ちゃんの時から思い通りにならなかったら一日中暴れまわり泣いているくらいの子で、イヤイヤ期真っ最中の中、下の子の鳴き声や、私が下ばかりに追われている事でストレスがたまり構ってほしく悪い事をしたりあれしてこれしてと泣いてばかりで、主人が帰ってきても家事がこなせておらず2人が泣きっぱなしで、怒鳴られるようになり、私は完全に壊れてしまい、一気に強迫が現れました。それからネットで調べ強迫だと気づき、治療の仕方もろくに知りもせず、すぐに他所の電話カウンセリングを受け、水抜きをしました!
その際は良くなり、生活も楽になりましたが、色々理解していないままの水抜きしただけなので、日々の生活に追われると、すぐに元通りになりました。ちゃんと理解せずにやってしまったことで、また治療したいと思ってもすごい抵抗があります、もうすぐ2年近くになろうとしています。
みーさんや、アロマさんの記事 気持ちもすごく共感でき励まされます。
上の子は明らかに私のせいで情緒不安定です、親として最低だと本当に思います。私の手洗いにイライラし、主人からは毎日怒鳴られます、子供より手洗いか?人として最低だと。
昔はオシャレが好きで、思いやりもある人間だと思っていました、今は、何よりも手洗いに追われ、変な、最低な人間になってしまいました。

弱音ばかり吐いてしまい、申し訳ありません。また、昔の自分を取り戻せる勇気をいただけたら、私も誰かを励ますことができたらなと思い投稿させていただきました!

Re: はるままさん、皆さんに励まされています

みーさん  2018/07/12 (Thu) 20:29:42

バイキンマンさん、弱音はいたっていいじゃないですか。

私も吐きます!!

私はとっさの出来事とかハプニングに対応できなくなり、頭が回らなくなり、頓服のお世話になることがあります。
今日も息子は朝5時半起き。しかも第一次反抗期でしょうか。朝から文句ばかりいってるし。案の定、帰宅したらあくびしてるし疲れた眠いと言ってます。
4時におやつ食べ、即お風呂。そんな中、幼稚園の連絡網で携帯は鳴ってるし、体操着は絵の具で真っ青に染まって洗濯中だし、お風呂出たらご飯、歯ブラシ・・・。大パニックに陥りました。頓服のお世話になり、子供も寝たし、やっと自分のお風呂とご飯にありつけ、落ち着いたところです。

疲れました・・・。

でも吐き出してすっきりしました。

バイキンマンさんの書き込みを読んで、ものすごく大変な様子が伝わってきました。なんて言葉をかけてあげたらいいか正直わかりません・・・すみません。

私は岡嶋先生のカウンセリングの元で、水抜きしたことあります。しかも、同じ病気の方たちを前にして、「水抜きします!」と宣言してから。勇気が欲しかったし、みんなに「がんばれー!」と応援してもらいたかったんです。洗いたくなったら手をふく汚れタオルを一枚用意して、しかもそのタオルを聖域である布団に置いておくという。そのときは大変でしたが、今では笑い話ですね。っていうか、岡嶋先生から出された課題はみんな鳥肌ものでした。でも先生曰く、「え~と言いながら笑ってるし、やってくるし」
もちろんすべてクリアしたわけではないけど、やってきましたね。

完全に良くなったわけでもないし、昔の自分には戻ってないけど、今は今の自分がそれなりに暮らしていければいいかな、と思っています。旦那に言わせれば、いい意味で変わったといわれます。



みーさん

バイキンマン  2018/07/16 (Mon) 14:55:25

みーさん、メッセージありがとうございます!一回書いたものが消えて日常に追われて返信遅くなってしまってすみません。毎日お疲れさまです、うちもずっと反抗期でめちゃくちゃやって何か言うと、うるさい、無理!です!

私は家族が理解がないし友人にも話せず孤独だったので、とっても嬉しかったです!

私は受診すらした事がなく、集団療法 是非参加してみたいです、みーさんとても頑張られたから今があるのですね、みーさんのような方々に出会いたいし、語りたいです!
以前 一人で水抜きをやった時は公衆トイレの中や汚物入れの中に手を突っ込んだりしたのですが、さほど怖くなく、問題は不完全恐怖だろうから日常の家事の中でモヤモヤすることをやりなさいとのことでしたが、元々が適当な性格で、家事も中途半端な事が多く主人からよく怒られるので、怒られると何がなんだか分からなくなり、やめてしまいました。
主人も仕事が忙しく名古屋までも遠いので、子供の預け先がどうにかなればいつか参加したいと楽しみにしています!

みーさんの旦那さんは巻きこみがきかない性格だと書かれていたり協力的な印象を受けました。うちは巻きこみ以前にわたしをみているだけでイライラして、いつも家事に時間がかかると怒鳴られ、こんなの理解なんかできる人なんかいないと言われ、できるのなら教えて欲しいと言ってます。旦那さんは怒ったりしますか?また、どのようにしたらそのように接することができるのでしょうか?


Re: はるままさん、皆さんに励まされています

岡嶋  MAIL 2018/07/17 (Tue) 11:29:12

集団療法を受ける人を支える託児,実現できるように考えてみます。ニーズがあればこちらで預かれる体制を作ればいいかと思います。元保育士さんを一時的に雇うとか,ボランティアで応援をたのむとか。治したいと思うお母さんを支えることは,子どもたちの未来を支えることになるので,大事なことだと思います。

岡嶋先生

バイキンマン  2018/07/18 (Wed) 11:25:57

岡嶋先生 ありがとうございます!

一番最初に他所で元に戻りたいんですと相談した時に、それは無理ですよとあっさり言われた絶望感忘れられません。もうあれから2年近くになりますが、今受診することができたら初めて知ることばかりだと思います。最近まで子供に邪魔され、私の要領がわるいだけですが本すら読むこともなかなかできなかったので。こちらの皆さんの書き込みや、先生のアドバイス 読むとためになることばかりで、本当に励まされました!こちらに書き込むだけで一歩踏み出せた気になっています!ありがとうございます

バイキンマンさんへ

みーさん  2018/07/19 (Thu) 09:32:04

お返事遅れてすみません。連日の暑さで子供がダウンしてしまったりして、バタバタしてました。

私は名古屋の集団療法ではなく、横浜や東京の個別のカウンセリングを受け、家で行動療法を行いました。
岡嶋先生に出会ったのも、東京の会が縁でした。そのときの仲間に「水抜きします!」と宣言したわけです。

さて、ご質問の件ですが、うちの場合、私たち結婚する前同棲してました。まだそのときは、症状が重く、理解してもらえなかった時期もありました。しかし、主人は自分なりに理解しようと努力してくれたと思います。私の苦手だったゴミ捨て、ゴミネット触り。一緒にゴミ捨てしてゴミネット触りその手と手をつないで帰ったのを、今でも鮮明に覚えています。その結果が今につながっているんだと思います。

結婚して子供が生まれ、日々忙しくても、たとえ少しの時間でも、二人での会話はかかせません。
コミュニケーションですよね、やっぱり。真面目な話からたわいのないこと、冗談だったり。

男の人みんなそうともかぎらないと思うのですが、ちゃんと話をしないとわかってもらえない。
例えば、家事なんかも、ただ「手伝って」だけじゃわかってもらえなくて、なにしていいかわからなく、結局なにもしていないなんてこともあります。ちゃんと、「お皿も洗ったらフライパン鍋も洗って、それからふいてしまってね」と事細かく言わないとできてないことなんてことも。うちだけかな~(笑)

会話って大事だと思います。

すみません、答えにはなってないかもしれませんが。





Re: はるままさん、皆さんに励まされています

はるまま  2018/07/19 (Thu) 16:43:00

ばいきんまんさんへ

はじめまして。はるままです。我が家のことで涙をながしてくださって~
こちらこそ、元気をいただいています。ありがとうございます。
ちっとも最低でも変でもない、とってもお優しい方ですよ。
きっと優しすぎて、家族の皆さんに心をくだかれて疲れてしまわれたのでしょうね。


子どもの病気は本当につらいですよね。我が家も連休中に2番目が発熱し、
昨日は長男と次女が8度の熱でした。病気の子はぐずるし、元気な子は出かけたいし、
学校へ迎えにいったり、病院へいったり、家事はたまるし、、、、
そこへ疲れて帰ってきた夫に愚痴でもこぼせばケンカになるのでいわないけど(笑)

でも、我が家の夫は、昔、症状がひどかった時、怒鳴るだけでなく出て行って、そのまま行方をくらませていたので~
音信不通のまま何カ月もかえってこなかったこともあります。
そういうとき家族療法をしていたお医者さんに言われました。
ご主人はお給料を持って帰ってくれるだけでいいと思いなさいと。

当時は夫はなんて無責任な人だと思っていましたが、
今思えば、子どもがいて大変なうえ奥さんが変な病気でずっと床を拭いてて、
どうしてよいかも相談できる人もなく、治るかどうかも分からない、逃げ出したくなっても仕方なかったかなあと。

OCDってなってない人は、勉強しないとたぶん全く理解できないのではないかなと。。。
精神科のお医者さんでも分からなくて、統合失調症や発達障害と診断するくらいですから。
ご主人が理解できる機会が必要ですよね。

先日OCDの会に伺った時、お会いした方が
ご主人がOCDの会に来ていらい別人のように変わって手伝ってくださるようになったそうです。
子どものときに、確認をしていたら、嫌がらせでわざとやってるのかと思ったと親に言われた方もいました。
そういう方が、家族とともに会に来て、考え方が一変して、人生を軌道修正されてきたのだと思います。

お子さんも小さく、ご主人も忙しく、なかなか出かけられないということなら、
会のホームページやとらわれからの自由という体験談の小冊子などを読めるとよいですね。
それだけでも十分治療になるようですよ。
私も、子どもが小さく忙しく、まだおむつだし、水抜きは恐ろしいので絶対やらないと思っていましたが、
本や冊子をよんでいるうちにだんだん、症状が減り、時間ができて、勉強することができるようになり、
水抜きやってみようかなという気持ちにまで変化していったのです。
なにか、よいきっかけがみつかり、良い方向へ回り出すよいいですね。
お互いがんばりましょう!

みーさん

バイキンマン  2018/07/22 (Sun) 16:33:31

おこさん大丈夫ですか、お返事ありがとうございます。

みーさんの旦那さんゴミネットの時の行動、愛を感じます。そんなことしてくれて、一緒に治そうって寄り添ってくれているのが伝わってくるし、期待に応えたいっていう気持ちになりますよね。
それがあっての今、納得です!
会話 大事ですよね、最近は私にイライラしてて会話自体がなりたってないです。旦那が海が好きなので毎週海に行っていて、外では普通の家族でいれるようにはしてますが、家に帰ると喧嘩です。いっそのことお外で暮らしたいなとか思います。
みーさん家族を見習って、少し旦那な気持ちも考えての会話にしたいなと思います!
ありがとうございます。

バイキンマンさんへ

みーさん  2018/07/22 (Sun) 21:18:05

私、主人の気持ちなんて考えて話なんてしてません。
自分が話したいことを話しています。

バイキンマンさんも旦那さんに気を使わず、ご自分が話したいこと話せばいいのではないかと思いますよ。

私は子供が二歳くらいのときから、楽器を再び始めました。もともと小さいときから音楽好きで、ピアノ習ったり、吹奏楽かじってみたりしてました。進学や就職、病気でその気持ちも忘れていたこともありましたが、今現在もスローペースですが楽器をやっています。

バイキンマンさんにもなにか好きなことやってほしいな、と思います。

何か新たに始めることにより、今の生活を少しでも変えることはできますよ。

はるままさん

バイキンマン  2018/07/23 (Mon) 13:22:33

はるままさん、本当励まされます!!ありがとうございます!
ご主人の記事読ませていただきました、うちだけじゃないんですね。主人も言ってました、嫁が拭いたり洗ったり無意味なことばーっかりやって、人には言えないし気持ちのやり場がないと。最初は、主人にも申し訳ないと常に思っていましたが、日々怒鳴られるうちに今まで散々な事やってきたくせに、人が弱ったらこれかと憎しみばかり溜まっていました。自分しか見えなくなっていてダメですね!
はるままさんはとても熱心な方ですね、そして情報ありがとうございます。会のホームページがあるのですね、初めて知りました、読んでみます。
はるままさんのように頑張っておられる方がいて、そして改善されていっているということは何よりの励みになります。
本当に感謝しています!

OCDの会に行ってきました!

はるまま  2018/07/19 (Thu) 17:20:38

先週末、半年ぶりくらいにOCDの会へ行ってきました。
最近、このページに書き込むようになり、長男とよく昔の話をするようになりました。
そしたら、急にまた長男がついていくといいだして、前日に長女が高熱を出し、夫もぎっくり腰だったので、
車で片道3時間の道のりを長男と2歳の次女を連れてプチ旅行でした。

途中、長男が釣り堀によるというので、ヤマメ釣り。
8匹釣って、その場で焼いてもらい、朝ごはん、軽かったので、長男が4匹、次女が3匹も食べてしまいました。

ついたら原井先生のショートレクチャーをが始まっていました(^^;)何しにいってんだか、、、(反省)
レクチャーの後は、家族の方がすごく多かったので、病気本人の会にチビたちも加えて頂きました。
その場で長男が、しゃべりたくてうずうずして、たくさん口をはさんでしまいました。
遠路はるばる来られた方も多かったので申し訳なかったですが、
温かく仲間にいれてくださって本当に感謝しています。

会に参加したのは3回目ですが、
人前で話すのが不安な方もいらっしゃる中で、皆さんいつもご自分のことをたくさん話して下さって、
それがみんなの助けになるのがすごく素敵だなあと思います。

皆さんの発言に触発されたのか、
突然長男が「ぼくは5歳のときに5時間くらいお父さんが出ていったのをみて、
それからお母さんを支えなきゃと思いがんばりました」と涙声で話しました。

たぶん、今回はこれを言いに来たかったのでしょうね。
その後、長男は大満足で帰りました。
家に着いたのは8時過ぎでしたが、お留守番を頑張ってくれた夫と長女のために
お土産の馬刺しを買っていたので、みんなで食べました。


長男は忘れていたようですが、本当は、当時、夫が家出したのは1カ月以上でした。
今、子どもたちと夫と皆で暮らせているのは本当にありがたいことなんだなあと実感しました。

レクチャーで、強迫症が治ったからといって、すべてがうまくいくわけではない。
他に色々出てくる人もいることを知りました。
原井先生が、強迫を治すことだけではなく、人生をどう生きるかを考える必要があるという趣旨のことをよく書かれています。

また、岡嶋先生から課題のシートをいただいたとき、どんな恐ろしい課題があるかとドキドキしながら開きましたが、
こんなに自分の好きなことや楽しいことをやっていいんだと驚きました。
強迫にとらわれなくなったとき、何をするか、やるなら楽しいことをしたい。
また、不安に襲われた時、強迫なしで、自分や家族とどう向き合っていくかも考えながら治療を進めたいと思いました。
今回も参加できてよかったです。ありがとうございました。

はるままさんへ

みーさん  2018/06/20 (Wed) 11:25:10

はるままさん、初めまして。不潔強迫のみーさんと言います。

強迫がありながらも3人のお子さんを育てられてるとのこと、大変尊敬します。

私にはもうすぐ6歳になる息子がいます。紆余曲折ありましたがなんとかここまできたという感じです。

はるままさんはお子さんたちに、ご自身の病気のことはお話になったのでしょうか。またどのように説明したのかなと思い、もしよかったら教えていただけたらと思い書き込みしました。

よろしくお願いいたします。

Re: はるままさんへ

はるまま  2018/06/22 (Fri) 09:52:35

みーさん、はじめまして。メッセージありがとうございます。

我が家には、長男11歳、長女5歳、次女2歳がいます。
上の2人には病気のことを話しています。
私としては、話し方は正解ではなかったと思います。
また、子どもたちの理解の仕方は全く違いました。
でも、結果的には、良い方向へ進んで今に至るので、参考に書きますね。
長くなりますがすみません!

私は長男の出産後に強迫症を発症して、子どもには同じ病気にしたくないと思っていたので、小さいころから「お母さんは病気で、普通の人とは違うんだよ」と良く話していました。外出先から帰ってくると、玄関で靴下を脱がせ、洋服を全部着替えさせたり、手足を洗ったりして、そんなときにいつも、
「お母さんは病気だから、汚いのがいやでこうするけど、普通のお家は靴下を脱がないでそのまま家にはいるんだよ」と言い聞かせていました。

今考えてみれば、なんて身勝手な、、と思いますが、長男はものわかりのよい子だったようで、「ふ~ん、そうなんだ。わかった」といい、外出先では普通に過ごし、自宅では、私の様子を見ながら、「今日は調子悪いの?着替えようか?」などというようなりました。
カウンセリングに一緒に行ったときも、長男が、家族の様子や病気のことについて私より詳しく話すので、お医者さんには「君は良い精神科医になると思うよ~」などと言われていました((^^;)長男はいわゆる出来過ぎ君に育ちました。あまりにも良い子でかわいそうなことをしました。今は先生たちのアドバイスで、長男が子供らしく悪いことをしたときにかわいがるように心がけています。



長女には、小さい頃は病気の話はあまりしていませんでしたが、次女が産まれた後、強迫が悪化し、長女のトイレトレーニングが苦痛になった時に話しました。というのも、私があまりにも汚い汚いとしかるので、ある日長女は、私と同じように「ばい菌がついてるんじゃないか」と言い出したのです。長男はそんなことなかったので「やってしまった~」と思い、あわてて「お母さんは病気で普通の人と違うんだよ」と長男のときと同じように話しました。でも、長女はわかったと言わず「私病気になりたくない」といい、どんどん強迫症のようなことを言い始めました。それで、怖くなって本を引っ張り出し、OCDの会に泣きつきました。

その時、運よく定例会に原井先生が来られるとのことだったので、家族全員でお話に行って、一番心配していた子どもへの影響についてもアドバイスを受け、心の底からほっとしました。また、自分が強迫を克服できれば、娘がもし、同じようになっても助かると証明できると思って、前向きに頑張れるようになりました。

その後、長男の提案を受けながら(笑)汚し作業をすすめ、強迫症は激減し、症長女も、一か月もしないうちに、強迫的なことはほぼ言わなくなりました。先生のお話では、たぶん、娘の成長につれて、記憶にのこらなくなっていくだろうとのことでした。


子どもに関しては、原井先生からも、その後、お会いする機会ができた岡嶋先生からもアドバイスをいただきましたが、『目からうろこ』なことばかりでした。みーさんが、もし、お子さんに病気のことを話したいなら、先生や会のみんなさんと一緒に相談されてみたら良いかもしれませんね。
お子さんがどんな受け止め方をされるかわかりませんが、きっとお母さんの励みになるような結果につながるのではないかなあと思います。

強迫子育ては大変ですが、お互い頑張りましょう!

Re: はるままさんへ

みーさん  2018/06/24 (Sun) 17:09:59

はるままさん、返信ありがとうございます。

率直に、受け止め方は子供によって違うんだなと思いました。

うちの場合はどうだろう?と初めて真剣に考えました。私の症状は確かにあります。でも一番ひどかったときよりは激減しています。主人や子供を強迫に巻き込もうとしてもさらっとかわされてしまいます。話をしても「わかった。」とさらっと受け止めるか、深刻になるか、正直わかりません。

はるままさんの返信を読んで、主人と話をしました。
今は話す時期じゃないねーと。そのときが来たと思ったら話せばいいんじゃないかな、という結論になりました。

子供に話して、理解はできなくても、はるままさんの言うように私にとって励みになればいいなあと思います。

体験談とアドバイスありがとうございました。

その時がきてもし困ったときはまたアドバイスお願いします。

Re: はるままさんへ

はるまま  2018/06/27 (Wed) 14:57:38

みーさん、ご主人と意見がまとまってよかったですね。
ご夫婦でそう思われたならそれが一番と思います。
みーさんも症状が激減されているなら、この先話す必要もなくなるかもしれませんしね!


先生たちに娘の話をしてみて、良くわかりましたが、
同じ親から育っても、強迫症になる素質をもっているかどうかで、受け止め方はだいぶ違うと思います。
私自身も3姉弟で、祖母が強迫症でしたが、受け継いだのは私だけです。
我が家も次女がものごごろつくころには、話す必要のない状態になりたいと思います。
こちらこそ、振り返ることができてよかったです。ありがとうございました!

はるままさんへ質問です

アロマ  2018/06/29 (Fri) 22:58:25

みーさん、はるままさん

アロマと申します。
話に割って入ってしまってごめんなさい。
こちらのトピックを拝見していて、はるままさんの言葉で詳しく教えて頂けたら…と
思うところがありまして…。
長男さんを、『子供らしく悪いことをしたときにかわいがる』
とは、どういう考えからそうするのでしょうか?
よければ教えて頂けませんか??

Re: はるままさんへ

はるまま  2018/07/05 (Thu) 11:54:45

アロマさん、はじめまして。

すみません。語弊がありましたね((^^;)
『子供らしく悪いことをしたとき』ではなくて、
『子供らしく甘えたり、わがままをいったりしたとき』でした。

ちょっと長くなりますが、
そういう考えに至ったいきさつを書きますね。


長男は、身の回りのことや、学校の準備、宿題など、
全く手のかからない子です。忘れものもなし。
「お便りの締め切り今日だよ」と逆に私が言われるくらいで。

妹たちが産まれてから本当によく手伝いをして、
お風呂入れやおむつ替えはもちろん、よく遊んでくれて、
次女が泣きやまなくて私が家事をあせっていると、
「終わるまで抱っこしてるよ」と、まだ首の据わらない次女を
「うでがいて~」と言いながらも、ずっと抱っこしてくれました。

私の体調が悪かったころは、学校から帰って来てすぐ
「大丈夫なにか手伝おうか?」と言っていました。
病気のこともよく理解してくれ
「ママもきっといつか元気になるよ」といいながら、
いつか自分のお友達を家に呼べる日を夢見て、応援してくれていたんです。

岡嶋先生にお会いした時、その話もしました。すると、先生に
「長男さんが何か子供らしくふるまえたり、
わがままをいったりできることがありますか?」と聞かれました。
一瞬、言葉につまりました。そして、実家での出来事を思い出しました。

我が家は、夏休みや冬休みに、実家のある田舎へ長期帰省していました。
そのとき、長男はいつも、私の父であるおじいちゃんにべったりで。
お風呂に入った時は全身あらってもらっていました。
自宅では妹2人を洗った後自分を洗っているのにです(笑)

たくさんわがままを言って、あちこち連れて行ってもらって、、
好きなように過していました。宿題もなかなかやらないので
「宿題は?」ときくと、ここにいるときはすきにさせてもらうから
というようなことを言っていたのです。

たぶん、長男は、普段の生活でがんばっている分の息抜きを
実家でしていたのだと思います。

昨年、残念ながら、その大好きなおじいちゃんが亡くなりました。
その後、我が家は転勤になり、引っ越しや、
父を亡くして落ち込んでしまった母の介護に追われていました。
それで長男が、大切な大切な安らぎの場所を失ったことに
きづいていなかったんです。

岡嶋先生に聞かれて、はじめてそのことに気づくことができたので、
これからは長男が子供らしくすごせるように心がけるようにしました。


子どもが子どものときに、子供らしく過せないことは、
後の生涯に大きな影響をおよぼすという話を、何かの本で読んだことがあります。
わがままいったり、だだこねたり、あまえたりすることってすごく大切なことなんだって。

私は、強迫症になってから、頭の中はいつも病気のことばかり考えて、
その合間に生活をこなしているような、いっぱいいっぱいの日々でした。
でも、今はこんな風に文章を書いたりするようなこともできるようになりました。
頭も心も強迫症に占領されなくなった今こそ、
子どもたちのこともたくさん考えてあげられたらと思います。


ちなみに、、、先日、長男は、久しぶりの頭痛で寝込んでいる私の横で、
「ええ~今日魚釣りいけないの~」とブツブツ文句いってました。
私がだいぶ元気になった証拠かな(笑)

はるままさん お返事ありがとうございます

アロマ  2018/07/11 (Wed) 23:55:51

はるままさん

家事や育児で忙しい中、こんなに丁寧にお返事くださり、
本当にありがとうございます。
息子さん、なんて心の優しい子なんでしょう。
読んでいて涙が出ました。
大好きなおじいちゃんが亡くなられてしまったのですね。
とても悲しかったですよね…。

息子さんのことを質問させて頂いたのには訳がありまして。。
昨年次男が生まれまして、長男がお兄ちゃんになりました。
長男が赤ちゃん返りして、少しおさまったかと思ったら、
爪噛みや口ならし、鼻くそをずっとほじる…など、
情緒不安定な時にするであろう行動が増えました。
もう年長さんですが日々"抱っこして"、"ギューってして"と言います。
次男が生まれてから長男の要望にあまり応えてあげられず、
もう大きくなったのに…と思ってしまいます。
最近自分の思い描くような育児ができてないと思い、
気持ち的にも沈みがちです。
生理前になると体調も悪くなるし不安感もでてきてしまいます。
ご飯用意するのでいっぱいいっぱいになります(汗)。

なので、はるままさんの書き込みで息子さんのことが書かれていたので、
ぜひ知りたいと思ったのです。

子供らしくのびのびと…が大事ですよね。
改めて考えさせられます。
私が忙しいからと長男をコントロールしてしまって、
本人は窮屈に思うことが多々あるのかもしれません。

はるままさんの書き込みで他にも読ませてもらっています。
なかなかコメントできなかったのですが、
病気が酷かった頃を経て、子育てを頑張っている様子を知り、
私も頑張ろうと思えます。

Re: はるままさんへ

はるまま  2018/07/19 (Thu) 16:13:56

アロマさん
抱きしめてあげてください!
我が家も2人目が産まれたとき、授乳しているとよく背中で長男が「さみしいさみしい」と泣いていました。
ママは「ぼくと赤ちゃんどっちがすきなの?」ときかれて、当たり前に「どっちもすきにきまってるでしょ」と答えてました。

とろろが、そのころ長男が通っていた幼稚園の先生の1人で5人の子どもを育てているお母さんがいらっしゃって、
「あなたが一番すきよ~って抱きしめてあげてください。下はまだわからないんだから。それだけでいいのよ~」と言われました。

それから、朝長男が出かける前と、夜寝る前に
「大好きな○○くん。お母さんの宝物」といって抱きしめていたら、1週間もしないうちにすっかり泣かなくなりました。
おまじないのように毎晩唱えていたら、私自身の気持ちも不思議とそう思えるようになった気がします。
だきしめるのはタダですから(笑)ぜひぜひおためしあれ~!

岡嶋先生へのメール

さくばば  2018/06/29 (Fri) 08:50:13

長く長く付き合ってきたOCDが最近かなり良くなり、岡嶋先生に近況をメールしました。
それが以下になります。
いまOCDで苦しんでらっしゃる方に、諦める必要はないと思って頂けたら幸いです。

「ご無沙汰しております。
いかがお過ごしですか?
私はOCDが復活しつつあるのを、これ以上悪化しないようもがいています。

ですが母も歳をとり、くたびれ果てています。
さすがに、見て見ぬふりは出来ない状況です。

そんな状況がいい形で作用して、私がかなり家事をやれるようになりました。
あれだけ何回も洗い直しをした洗濯も、一応こなせています♪

掃除どころではなく、掃除機のフィルター掃除までやるようになりましたょ♪♪♪

まだまだ「もぅカンペキ大丈夫!」とは言えませんが、人並みにちかづいて来ています。

変わったのは、出来ることが増えただけではないです。
具体的になんと説明したらよいか解りませんが、考え方や気づき方も変わったと思います。

こんな年齢になって人生やり直しなんて言うのもなんですが、ただそれでも進むしかないので人生を楽しめるように進もうと思います。

たーくさんの患者さんが岡嶋先生や原井先生に助けて頂いたと思いますが、その中でどれくらいの人が幸せをつかめたのでしょうね?どれくらいの人が感謝をすることが出来るようになったでしょうね?

OCD予備軍みたいな人が、増えている気がします。
皆がいらないことに振り回されず、幸せな人生を送れることを願っています。」

水抜きをしました!

はるまま  2018/06/22 (Fri) 09:57:35

先週の土曜日に初めての水抜きをしました。
めっちゃ手が洗いたかった(><)
けど、ちょっと癖になる不思議。
明日またやろうかと思っています。
誰か一緒にやらない(笑)?かな~☆

岡嶋先生の、集団行動うけたことあるものなんですけが

佐藤弥生  MAIL 2018/05/16 (Wed) 10:33:28

美容師を、やるにあたって、やりたいという強迫性にかかってしまったものですが
美容師のことがでてきたら、今の現状を考えできない理由を思うようにといわれてますが、
岡嶋先生の本にも書いてあったのですが、無視するのがいいと
今の現状できない理由を思ったりしたら、強迫願念を、相手にしてることになんないんですか
あたしは、今無視と心のなかで言って無視してます
どっちがいいんですか

無視することの難しさ

岡嶋  MAIL 2018/05/25 (Fri) 00:38:54

二人の治療者が言うことが違うと気づいただけで大したものだと思います。
できない理由を考えさせるような認知療法を好む治療者と,私のようにそこには一切手を付けない治療者と大きく二つに分かれます。
方針の違うところに行くと迷ってしまうでしょう。私が一切手を付けないのは,そちらが治りがいいと感じるからです。
無視しようと心の中で言うことも実は無視していることにならないので,そこがとても難しい技です。ある人は20分,川に流れる葉っぱの瞑想をしていると,最後の2-3分のころに流れるように自然と無視できるようになるとおっしゃっていました。そんな感覚的な練習ができるといいですね。